第33回 秋のてくてく長久手めぐり

| コメント(0) | トラックバック(0)
葉書になった長久手の名所

人をひきつける100年前の観光地? 歩いて見て触れてください
約100 年前長湫、岩作、上郷の3 村が合併し長久手村が誕生しました。当時の人は長久手のこと
をどのように思っていたのでしょうか。当時作成された写真絵葉書から村人の意識の一端をうかがう
ことが出来るのではないでしょうか。農業が主な産業だった貧しい時代も人々の心は地域への愛着の
ごとく豊かでした。村の暮らし・歴史や文化、先人への思いやりが形になった絵葉書から、私たちは
現代の暮らしを得るために、何を失ったのか改めて自身に問いかける時間を持ちたいものです。

参加者募集中(雨天の場合:中止になります)

11月23日(金)午前9時
長久手市まちづくりセンター集合 説明後出発
帰着予定:午前11 時30 分

コース:まちづくりセンター⇒勝入塚⇒庄九郎塚⇒武蔵塚⇒
    血の池公園⇒せらぎの径⇒行天皇社⇒御旗山⇒
    まちづくりセンターにて解散
参加費無料
先着50名様・絵葉書進呈
発前20分程度 まちづくりセンターで絵葉書オリエンテーションを行った後、出発します


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.n-s-m.net/bin/mt/mt-tb.cgi/154

コメントする